学問に王道なし


1)子供の進路
・親が子供の進路を決めるのでなく、本人が好きで楽しくて将棋を小学校一年生で始めた。中学三年で最短期3年間で将棋のプロとなる。将棋羽生名人。
2)英語の音読法
・その道の達人はそれなりに独特且つ正しいメソッドを考えてきた人たちであり彼らの指導法は傾聴にあたいする。
3)司法試験
・私は大学一年の初め、司法試験を受験すべく、学内「司法試験研究会」なるものに入った。ところが、先輩からこの試験に受かるためには、少なくとも六法全書を丸暗記しなければ、と言われ瞬時にギブアップ。ところが今日、司法試験の合格率トップの先生は、過去5年間の「過去問」にはじまり「過去問」に終わると教える。

4)勝者が強い
・柔道の内柴正人選手が北京五輪で2連覇を決め、日本最初の金メダルを獲得した。「勝負は強い者が勝つのではなく。勝った者が強い」と言う彼は、この4年間苦しみ抜いた後、がむしゃらに勝ちにいった。男子100m平泳ぎの北島康介選手も2連覇達成。こちらは「有限実行」です。
5)短期の学習法
・教科書や参考書は始めにサッーと一読して全体をつかんだら、つぎには重要度の高いものから一つずつ征服して行く。
6)エビングハウスの忘却曲線
・この実験では記憶は、数秒から数分で減り始め、4時間で約半分を忘れる。そして一週間程度で80%以上忘れると教える。であれば自分の忘却線を見つけてそれなりのリピ−ト学習を実行した。
☆学習をするには、いろんな先輩、先生方の学習方法を真似るのではなく、諸先生からの方法を見聞し、自分に最も適した方法を会得すれば80%は成功と言える。

7)子供の教育
・親は親、子は子です。親を頼らず自力で現実と向き合い、生きていくことが大切。今世間の大人たちは子をべったり可愛がり、過酷な現実に向き合わせない。子供をペット化し、生きるエネルギ−を奪っています。丸山健二 小説家 日経紙
8)気持ちを込めた便り
・残暑、暑中見舞い、年賀状など最小限の人間関係を保つための便り(手紙、はがき)に、あなたの気持ちを伝えるためには、全文とは言わないが、あなたの気持ちを伝えるための自筆文字を必ず記することです。
9)天才の育て方
・将棋棋士の羽生善治は小学校の段階で将棋にめぐり合った。高校まで行かせた両親は「好きなことを好きなだけやらせてあげるべきだったかも知れません。本人は速い段階から、将棋一本と決めていたわけだから」と悔やむ。子供の好きなことと才能の合致を読むことの重要性を教える。
☆夏の甲子園高校野球、北京オリンピックとスポ−ツの祭典の夏です。オリンピックでのメダル取りには「強靭な肉体、精神力」が不可欠なことは言を待たない。でも金、銀、銅の中、なにを獲得するかには、高度な戦略・戦術も重要なことを学ぶ。金を一人で7個も8個も取れる「ひと」は別として。

10)子供に習わせたい五輪競技
・1、水泳 2、野球 3、サッカ− 4、テニス 5、バドミントン6、新体操 7、バレ−ボ−ル 8、柔道 9、体操 10、バスケットボールNIKKEI PLUS 1(小学生以下の子を持つ親対象調査)
11)日本語教師の待遇
・プロの教師は約14,000人、その中、非常勤は3分の2。常勤の平均月給は21万1千円、非常勤の時給が1889円。(月刊日本語の調査)。そうして70%以上の教師が不満を持つという。
12)不登校の対策
・全国約1千万人の中学生の中、13万人弱が不登校の状態です。教育法では子供たちが学校に通い学ぶことを義務付けている。不登校の子供たちはフリ−スク−ルなどにも通っている。文化省が学校以外での教育の場所も認めればある程度不登校問題が解決するのではないか。
☆子供たちが自分が好きで、やりたいことに早くから挑戦することの重要さを北京オリンピックをはじめ高校野球などが今年も教えてくれた。親が習わせたいといくら時間と金をかけても本人が本当にやりたいことでなければ成果如何。

13)声に出して読む
・高校一年生のとき、漢文を初めて習うために、教師について、声に出して大きな声で読んだ。意味等は皆目解らずに繰り返し読んだものです。中一で英語を読むのも、幼児が絵本を読むのと同じ手法です。英語でも、漢文でも今なお口を突いて出る。勿論、それらの意味もはっきり覚えています。蒔洋子
14)理論的に話すには
・1)結論を明確に 2)順序立てて、相手ての理解を確認しながら 3)結論を先に 4)誤解のないよう言葉を定義する 5)合理的な根拠を示す 6)筋道立てて、話につながりをもたせる 7)具体化してイメ−ジが目に浮かぶように 8)相手の立場に立って、共感して話す 茂木秀明(自治医科大学助教授)
15)学力のための作文
・学力をつけるために、自分についてよく考えて、自分を表現する作文を書くことです。どんな受験勉強よりもはるかに、成績や偏差値が上がると芦永奈雄先生(小平村塾 塾長)はおっしゃる。
☆今年度、大分県で採用された教員21人の採用取り消しが決まった。小学校の教諭がどんな資質を問われているのかも理解してない「輩」が紛れ込んでいた。しかも自分の成績が改ざんされていたことを知らなかったという「KY」揃い。当面は、子供たちの目の届かないところに蟄居していて下さい。

16)文武両道
・小学校から大学までの勉強法としては勿論、資格などの試験に挑戦する場合でも青白い顔でひたすら勉強することが能率的ではない。自分の好きなスポ−ツ、文化活動、趣味等にものめり込むのが肝要と友人が教える。SHIN
17)起承転結
・文章を上達するには、自分の最も好きなこと、興味あることを原稿用紙5〜10枚程度を毎日書くことだ。そして頭の中でまず構築しなければならないのは起承転結、中でも実はこうなんですと言いたい「転」が始めになければ始まらない。
18)うまい文章とは
・カタカナ語は少なく、誤字のない文章、接続詞の多用禁止、同じ言葉のリピートをさける、漢字とかなのバランスを考える、2対3位かな。
☆続・大分県の先生採用試験の改ざん。 今年採用の中、21人の処分が決まった。中には生徒たち親しまれはじめたケ−スなど、生徒のショック度は大きい。しかし十分な教科の知識も大切ですが、生徒たちがその先生を慕いうためには礼節と規範を合わせ持った個性ある人材をこそ最も重んじたい 。

19)試験に成功のための基礎の理解
・基礎をしっかり理解し暗記すれば、応用問題は自ずと解けるようになる。正確な答案作成力を身につける4種類の「スピ−チ」がある。1、基本スピ−チ 2、定義スピ−チ 3、解答スピ−チ 4、マスタ−スピ−チ 声に出して脳にしまう。石井和人 公認会計士「難関資格に受かる勉強法!」
20)ダメなら改める
・もしそれがうまくいかなくても、きっとほかのなにかがうまくいきますわ。 ジェ−ムス・ワットの妻
21)人生の成功
・人生は楽しくなければ意味がない。どれだけ楽しく生きたか、どれだけ楽しく仕事をしたかが「人生の成功」だ。齋藤茂太。
☆「国技館」と呼ばれるようになって来年100年を迎える。その間、理事、親方、力士は日本の典型的伝統文化の国技−相撲の理解、認識が希薄になった。外国人や今の日本の若者は日本の伝統文化の理解もなく、ただ、勝ってナンボの大相撲にしていないか。一部のファンも一緒に。この辺で伝統文化としてか単なるスポ−ツとしての相撲にするかを議論する必要がある。

22)第二の人生を生きる
・定年後は自分のしたいことをし、生きることがすべてです。60歳までは天職として働いた方もあり、また食べていくための人もあったでしょう。今度は人生の自由な時間ですから、本当に自分のやりたいことを自分のためにやり充実した人生仕上げとしたい。堀田 力 さわやか福祉財団 理事長
23)学ぶためのゴ−ル
・勉強はやみくもにやるのではなく、ゴ−ルを具体的に設定(資格取得など)そのゴ−ルに着実に力を積みあげていくのが合理的な勉強法だ。伊藤 真 伊藤塾 塾長
24)勝ち組、負け組
・人生には、時代の流れがあリ、変化がある。昨日の勝ち組は今日の負け組の時代です。そのためには常に時代が求めていることを学ばなければ、激しい時代を生き残れない、勝ち組として残れない。そのための学びの方便の一つが「資格」への挑戦です。佐藤孝幸 弁護士・米国公認会計士
☆いやしくも国の政ごとをする人は国民を100%護れる者でなければならない。国民の立場で考え、消費者の視点で政治をしなければならないなどと悠長なことを宣われても困る。まして、国民の健康・生命にかかわる農水省や大臣の近年の無責任な態度、発言、逃げ足は、同じ日本人として情けない。腐ったニンゲンはどこかに捨てるしかない。政治論争の次元にあらず   

25)会って話せば
・会って話せばさまざまな感情の現れがわかる。
       刺激
 感情 声のみ 顔のみ 声+顔
 喜び 42    86    81
 驚き 41    43    51,5
 恐れ 74    58    73
 不快 34    52    51,5
 怒り 56    62,5   61
 軽蔑 33    37    37    デビッド1964

26)二流に徹する
・もっとも人生で住みよいのは、二流の人間に成長し出世しておくことである。一番になると、いつ追い抜かれるかを心配しなくてはならないから、一番を堅持するのと、追い越されまいとするのと、気遣いが二重になって、辛酸をなめるものである。鈴木健二元NHKアナウンサ−
27)論理的に徹する
・1、結論を明確に 2順序立て、相手の理解を確認しながら3、結論を先に 4誤解のないよう言葉を定義する 5、合理的根拠を示す 6、筋道立てて、話につながりをもたせる 7、具体化して、イメ−ジが目に浮かぶように 8、相手の立場に立って、共感して話す茂木秀昭 自治医科大学助教授
☆中山国交相が「成田空港ごね得」「日本は単一民族」「日教組が強い所は学力が低い」などの言いたい放題の暴言で、5日間で辞任した。人間は知ってること、思ってることをTPOも考えないで言っていいものではない。しかも時の大臣が。否代議士としての資質をも欠いているように思う。東大法学部、大蔵省から代議士、大臣コ−スとなれば、これまでのエリ−ト中のエリ−トである。その人に、今何が欠けているのかを考えるのが、私たち国民−有権者の急務でしょう。   

28)子供を躾る
・わが子が一人前の大人になって活躍出来るように育てるためには、負ける練習恥をさらす訓練、カッコ悪い体験を、できるだけ多く子供にさせておくことです。相田みつを
29)グロ−バル時代に活躍するには
・今日、英語を読んで書いて聞いて話す、そしてインタ−ネットを操作することは必須条件です。今求められているのは、さらに外国へ行き、相手の文化的背景を理解しつつ冗談をまじえながら、こちらの条件をしっかりと伝える商談ができることです。小倉剛志「グル−バル道」
30)日本人の資質
・わたしは日本人の基本的資質は世界のどの国民にくらべても、人を大事にするである見ています。フランク・ギブニ−
☆今日、7日は「法の日週間」の最終日であったことをご存じでしたか。それは1928年10月1日に陪審法が施行されたからです。そして1943年4月に「陪審法を停止する法律」ができ、無くなりました。その後66年、来春陪審も、裁判員も、国民が司法権を直接預かろうとしている。この機に歴史的事実を確認してみました。横溝親光     

31)不登校の問題
・不登校の「きっかけ」の多くは学校にある。「いじめ」「友人関係」「教職員との関係」や「学業の不振」であり、それらを是正する努力を学校がまず最優先にすべきである。相馬誠一 東京家政大学教授 「月刊生徒指導」
32)ピアノレッスン
・ピアノを上手にひける糸川博士は「ピアノというのは、頭でひくものではない。指でひくものだから何回練習したかで上手下手が決まる。 糸川英夫 工学・医学博士
33)プロとは
・「プロは卒業証書を必要としない。卒業証書に頼ってるうちはアマチュアだ」卒業証書でプロ野球選手になれたり、大相撲がとれるものではない。
☆米ブッシュ政権は「北朝鮮のテロ支援国家解除」を突然発表した。日本人拉致問題は置き去りのままだ。それどころか米国が要求していた核申告書は不完全のまま。ブッシュ大統領は任期までに何らかの成果を残したいためのあがきとしか読めない。日米関係?おら知らねえ。わたしの知ってる英語
“Talked too much,but said nothing.”  横溝親光      

34)読者の意味
・本は人生を楽しむことを教えるか、さもなくば人生を耐えることを教えるものでなくてはならない。サミュエル・ジョンソン イギリスの批評家
35)平等
・差別することを尊卑にわけることと誤解されることが多いが、平等を成するには固体の存在感をもって、その価値を認めるところにあるのだと思う。長谷部平吉 「私の出会った不朽の名言」
36)教育とは
・理想のない教育は、未来のない現在と変わらない。フロイト オ−ストリアの医学者
☆戦後63年、日本は平和だ、平和だといっていたが国内での人間関係はピンチ。家族が躾をしなかった若者は乗り物の中、乗り降りでわが物顔。戦後の個人主義は他人の個人主義を考えない、自分だけの個人主張の風潮です。また平等も各人の条件のもとの平等を忘れてしまうから社会に出てすぐに挫折する。制約のもとの自由であり平等ということを、家族、社会そして学校という躾、教育環境で教える意外には、何も解決しない。横溝親光  

37)平等の意味
・利休は茶室の中ではすべての人を平等に扱おうとした。社会的な身分や権力を一切捨てさせ、招く側もまねかれる側も、ただひとりの人間として茶事に専念し、楽しむためだ。そのために彼が創出したのが「躙り口」(にじりくち)で、何人もここを出入りする時、身にまとうことは出来ない。勅使河原宏 日本のこころ
38)真に求めるもの
・あなたがいま夢中になっているものを大切にしなさい。それは、あなたが真に求めているものだから。エマ−ソン アメリカの思想家
39)ことばと政治家
・民主主義では、選挙で当選するのも国会で賛成を得るのも、権力は多数を作りだす。多数は「そこにある」のではなく、ことばが作りだす。ことばは誰が提供するのかといえば政治家が生み出す。これが政治家力です。橋爪大三郎 東京工大教授 朝日紙より
☆「教育の秘訣は生徒を尊敬することにある」−エマ−ソン。子供や生徒を先ず、大人が認めたり、尊敬することだと言っている。周囲から認め、理解、尊敬をされたことのない人間が他人を尊敬することはできない。そのためには大人は相当な度量をもって対応しなければ不可能だ。人間は尊敬できる人や歴史上の人物が持てなかったら不幸だ。

40)竹中式勉強法
・1、常に目標を二つ持て 2、逆算して計画せよ 3、何事も基本がすべて 4、よきライバルを持て 5、メモを持ち歩け 6、時間は作るもの 7、人と群れるな 8、自分のためにカネを使え 9、よく寝よ 竹中平蔵 「竹中式マトリクス勉強法」
41)適度な目標
・高度な目標に何度も失敗するより、適度な目標を何度も達成しよう。斎藤茂太「いい言葉は、いい人生をつくる」
42)宗教
・学問と芸術を持っている人は、宗教をもっている。従って、学問と芸術を持たない人は宗教を持つべきである。ゲ−テ ドイツの文学者、自然科学者
☆学問や芸術を持たない人は、宗教まではいかなくても、せめてモラル、倫理といったことは身につけておきたい。そうでなければ人間として、日本人として世界中の笑い者になる。すでに、そうした笑い者が世を騒がせていないか。横溝親光

43)上に立つ者の資格
・人の上に立つ者の資格は、知略才能あるはもとより良けれど、なくて事は欠かぬなり。ただひたぶるに実直なれば、知能を持つに及ばず。徳川家康
44)貧富の格差
・貧富の格差をただすことに田中角栄が政治を志した理由があった。自分自身が苦労して育ったからこその庶民感覚がそこにはあった。後藤田正晴 政治家
45)物事への関わり
・之れを知る者は之れを好む者に如かず。之れを好む者は之れを楽しむ者に如かず。孔子 「論語」
☆米国民主党のオバマ氏が次期米国大統領となった。「チェンジ」をキ−ワ−ドでの勝利だった。これまで世界の頂点に立っていた米国の今の凋落状況を いかに立て直すかが世界の注目の的です。一方、日本は2兆円をどうくばれば日本国内の年末消費が高まるかで、右往左往しているが、もっと根本的な、医療、年金、金融危機に対応しなければ。横溝親光  

46)繰り返し反復
・ゴルフのタイガ−・ウッズプロは練習の虫だ。普通の選手なら飽きてしまうような基本の練習を、飽きずに何百回でもする。それが彼の才能であり、強さだ。
47)願いの傷害
・五つの傷害が、ほしいものを頼もうとするあなたの邪魔をする。〔無知・間違った思い込み・恐怖・低い自己評価・プライド〕 アラジン・ファクタ−「願いをかなえる成功のランプ」
48)英語上達法
・英語の文章を書き写す。書く力が伸びる。誰でもどんなレベルでも可能。長続きする。内容も勉強できる。英語を英語で考えられるようになる。宮崎伸治 「人生に勝つ資格を取る方法」
☆麻生政権の看板政策である総選挙前(?)の定額給付金、巨額の2兆円。いくらをだれに何時渡すかなど二転三転してきた。統合能力のない漫画好きの首相の言いなり給付金を国民はどう拝受したらいいものか。横溝親光    

49)対人スキル
・知識、能力、技術、資格といったことはもちろん大事ですが、「人と上手につきあえる」「人に好かれる」といった対人スキルがないと、それは効果を発揮できず、チャンスもメリットも生み出さない恐れがある。清水克彦 文化放送プロデュ−サ−
50)言葉磨き
・人は言葉に笑い、言葉に泣き、言葉に哀しみ、言葉によって絶望し、言葉によって生きる勇気を得る。言葉をうまく使えるかどうかで人生が決まる。言葉を自由に使えるようになる「作文」力を磨くことが必要です。芦永奈雄 小平村塾 塾長
51)成功の三要素
・1)目標の設定 2)目標を書き留める 3)目標達成の計画 小泉十三 著述家 「エ−ル大学の調査結果から」
☆人間は誰でも、だれかとつながっていたいのです。でもパソコンやゲ−ムをするとたのしい。楽しくてしょうがない。しかしこれでは人間性は育たない。親、学校の先生、近隣の大人に、人と人とのコミュニケ−ションと自然の偉大さ、面白さを体験させる義務がある。横溝親光

52)迫力ある笑顔
・剣でなぐりつけるよりも、笑顔でおびやかすがよい。
シェ−クスピア イギリスの劇作家

53)生きた人間
・書物よりも、生きた人間から受けた影響の方がずっと大きい。
田山花袋 小説家

54)戦争
戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない。
アトリ−英首相 ユネスコ憲章前文

☆今、卒業目前の学生の中、全力投球で手にした就職内定が取り消されたり、会社企業の倒産で無効通知を受けている。新卒予定者にとって、日本では一発勝負になっていることがきつい。企業、学校、学生ともども、今の新卒者の採用制度を再考する必要がある。学生諸君決してめげないで成就するまで挑戦してください。横溝親光     

55)善い人間
・偉い人間にはなれなくても、善い人間にはなれる。
中野重治 小説家・詩人

56)人間の決意
・人間の決意というものは、よほど気をつけていないとたやすく崩れてしまう。一度、思い定めたら、何度も何度も自分自身に言い聞かせていなければ、小さな決心一つ守れない。
松下幸之助 パナソニック創業者

57)同情
心の底からご同情くださるお気持ちは有難いが、今日必要なのは財布の底からのご同情です。
西洋古今名訓逸話集より

☆こんな法律の確認。知らないと恥になる。(日経紙より)
1)自転車に飲酒運転にも罰則がある。2)男性に対する性的嫌がらせもセクハラの対象になる。3)偽造・盗難キャッシュカ−ドの被害は預金者に故意・過失がなければ金融機関が全額保証する。4)正当な理由なく封をしてある手紙を開けてはいけない。5)隣家から境界線を越えて伸びてきた枝を勝手に切ってはいけない。6)同じ硬貨で支払えるのは20枚まで。7)受信者が同意していない広告メ−ルは原則、送信してはいけない。8)決闘を挑んだり決闘をしたりすることは罪になる。9)年齢は満年齢で表すよう心がけなければならない。10)銭湯の値段は物価統制令に基づいて決まっている。年末、復習を。横溝親光         

58)忍耐
・忍耐をもつことのできる人は、彼の欲するものを手に入れることができる。
フランクリン アメリカの政治家、著述家

59)集中力は1〜2年
・資格試験は短期間に合格しないといけない。具体的には、働きながら勉強する場合であれば2年、勉強に専念できる場合なら1年です。
佐藤孝幸 弁護士

60)趣味的な資格
趣味的に自ら楽しんで受けられる資格試験があれば、その勉強を一つの趣味とするのは有意義であり、人生に色を添えてくれる。
宮崎伸治 40種類の資格保持者

☆2008年「今年の漢字」(日本漢字検定協会)が{変}に決まった。確かに日本を含めて大きな世界的経済変動がある。また、積極的には米国の次期大統領オバマが「変革」を訴えてきた。日本国内だけでも大方の事象が変わっている。大事なことは私たち一人一人はいたずらに変心しないことです。「一人」だけが毎日その言動を変えていれば十分。来年は住みよく、働きいい日本に変えましょう。   横溝親光              

61)読書
・たくさんの書物を読むよりも、有用な書物だけを読む者がすぐれている。
アリスチッポス 紀元前生れの哲人

62)ピアノレッスン
・ピアノは頭でひくものではない。指でひくものだから何回練習したかで上手下手が決まる。幼い時に人の二倍も三倍も練習すれば誰でも旨くひけるようになる。
糸川英夫 工学・医学博士

63)人を見る
・行動を観察し、行動の動機を観察し、満足するところを観察すれば、その人間の真実は、おおうところなくあらわれる。
澁澤栄一 論語処世訓より

☆今日、例えばプロ野球のイチロ−、松井、松坂選手がアメリカで活躍するのを見ている高校生たちは、外国で学ぶことをごく自然に希望しはじめたという。2008年の世界の大学ランキングは 1位ハ−バ−ド大 2位エ−ル大 3位ケンブリッジ 4位オックスフォ−ド大・・・19位東大(英国タイムズ)という。異論は大いにあろうが日本の大学が世界的には上位には位置しない。文科省をはじめ教育関係者も日本人の進学を世界的視野で考えるときが来たようだ。横溝親光              

《185号》
この一年、当メルマガのご購読、ご寄稿いただきありがとうございました。あと47時間で新春を迎えます。いいお正月を。
今年の米国発の金融危機は世界をアット云う間に揺さぶった。日本が、世界が遭遇しているこの危機は個人的には容易に解決できない。しかし新年を機会に、個人ベ−スではぜひとも大きな夢、目標をもってスタ−トしたいものです。
1)目標を具体的に書く。2)どう学ぶかを計画する。3)いつまでに成就するかのタイムテ−ブルをつくる(1〜2年以内)。この三つで80%はすでに成功です。あとは繰り返し学び、一歩一歩マスタ−する。この学びについてに確信を持てば成就する。挑戦しない人は失敗も成功ない年になる。
新年一年のご多幸とご成功をお祈りします。    編集子 横溝親光  

《186号》
2009年 4中央紙元旦号のトップ見出し
・朝日新聞   
  陰るハリウッド
  カネも仕掛けも生き詰まる
・読売新聞
  「生体認証」破り入国
  テ−プで指紋変造(韓国の女)
・日本経済新聞 
  危機がひらく未来へ
  トヨタ、太陽電池車で挑む
・産経新聞
  黎明の光りはいつ差すのか
  冷戦終結から20年「経済グロ−バル化」危機

一年の目標、立てますか?(PLUS1 12月中旬調査)
 ◎節約してお金をためる       357人
 ◎ダイエットをする         186人
 ◎腹筋・背筋など家庭内トレ−ニング 168人
 ◎ウオ−キングを続ける       146人
 ◎資格の取得やそのための勉強    143人
 ◎カロリ−ノ多い食事を控える    137人
 ◎家計簿をつける          107人

今年一年のご多幸とご成功をお祈りします。    編集子 横溝親光

64)昭和天皇のお言葉
・私の健康に皆が心配してくれてありがとう。どうか今年もよい年であるよう希望します。
ご逝去1年前の昭和天皇

65)人間に力の差はない
・わたしは、一人のものに可能なことは、すべての人に可能である、と信じて疑わない。
マハトマ・ガンジ− インドの宗教家、政治指導者

66)大きく広い心
・君たち。君たちはつねに晴れあがった空のようにたかだかとした心をもたねばならない。(実際は小学生にむけてのメッセ−ジ)
司馬遼太郎 作家

☆ものの見える人が千人、ものの見えない人が千人いるのだから、仕事はいつも一生懸命でなくてはならない(草柳大蔵)。国民は「あなたの言動」を一字一句聞きもらさず判断する。政策について判断して発言した決断は腹をすえてかかってください。右顧左眄(うこさべん)は幼稚すぎる。 今年一年のご多幸とご成功をお祈りします。    編集子 横溝親光              

67)物欲
・人間はやはり物欲をもたなければいけないね。物欲が衰えた時は、生命力の弱まった時だ。
上林 暁 「生命をみつめる」

68)幸、不幸
・人の世の幸、不幸は人と人とが出会うことから始まる。
相田みつを 書家

69)あせらず、大利を
・速やかならんことを欲するなかれ。小利をみるなかれ。速やかならんことを欲すれば則ち達せず。小利を見れば則ち大事ならず。
論語

☆大学入試センタ−試験が終われば、いよいよ今年も大学受験シ−ズンをむかえる。この季には昔から神仏のおみくじが繁盛する。たいがい吉か大吉が出るような気がする。いずれにしても楽しい励ましの言葉ととる。今年は受験のみならず日本の経済の行方についても、どこかの明神で試したい。編集子横溝親光  

70)望み
・望みをもちましょう。でも望みは多すぎてはいけません。
モーツァルト 作曲家

71)最善の日
・その日その日が一年中の最善の日である。
ラルフ・ワルド・エマ−ソン 小説家、詩人

72)考える葦
・人間はひとくきの葦にすぎない。自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である。
ブレ−ズ・パスカル フランスの数学者、物理学者、哲学者

☆昨年に端を発した金融危機で、時あたかも世の中はひっくり返る大ピンチの最中。この時、先週の参議院予算委員会で麻生首相が雑誌に寄稿した論文に出ていた難読漢字についての与野党の応酬(?)があった。たえられない光景である。今こそ、出でよ国家、国民のことに命をかける政治家様。    編集子横溝親光

73)目標とスケジュ−ル
・目標を決めて、逆算して行動を起こす。
三木谷浩史 楽天代表取締役

74)物欲
・目標を決めて、逆算して行動を起こす。
上林 暁 「生命をみつめる」

75)愚者・賢者
・愚者は己を賢いと思うが、賢者は己が愚かなことを知る。
シェイクスピア

☆講演の度に漢字の読みを間違える。某大臣は1月28日、衆院本会議の財務講演で26回誤読した。くわえて意味を決定的に間違えた三ヶ所は議事録の訂正を申し出た。人間誰でも間違いはする。しかしそこに「恥」がなければ救いがない。世界的には、一首相、一大臣のことではない。わたしたち日本人の屈辱です。 編集子 横溝親光

76)教養とは
・教養とは、この世でいままでに語られ、かつ、考えられた最もよいことだと知ることだ。
マッシュウ・ア−ノルド イギリスの詩人

77)百年の計
・百年の計は人を植えるにあり。
山本有三 「米百俵」

78)本の読み方
・本を読んでいて思いついたことは、読み終えた時には実行する。
中谷彰宏 「中谷彰宏名言集」

☆11年春から小学校5、6年生の英語の授業が必修化しようとしている。外国語の学習の前にいま日本人に欠落しているもっとも必要事がある。3日の文部科学省が発表した「5つの提案」、「重点的に取り込む7つの事項」に「昔の日本の良さを見直そう」「読み書きそろばん外遊び」「校訓を見つめ直し、実践する」「先人の生き方や本物の文化・芸術から学ぶ」「家庭で基本的なル−ルをつくる」「地域の力で教育を支える」「基礎学力の定着や道徳教育の充実」など。英語(外国語)の話せる根無しのグロ−バル人(?)になる前に、日本人としてのアイデンティティ構築を優先したい。編集子 横溝親光

79)文字
・教育は、字は読めるが、読む価値のあるものを識別できない、多くの人間を作り出した。
ジョージ・マコーレー・トレヴェリヤン イギリスの歴史学者

80)実力
・わが実力の不十分なることを知ることこそ、わが実力の充実なれ。
アウグ イタリーの宗教家

81)天地人
・天にありては星、地にありては花、人にありては愛、これ世に美しきもの最(さい)たらずや。
高山樗牛 明治の思想家

☆G7会議の閉幕後の日本側記者会見で、N財務相は、眠そうでろれつも回らず、しどろもどろの受け答え。これまで日本の首相たる者が己の言を左右して聞くに耐えない。そこで国会議員、大臣、総理総裁になるための資格試験を新設したらいかが。勿論資産額、親の国会議員経験などは問わない。 編集子 横溝親光

82)教養
・教養とは、この世でいままでに語られ、かつ、考えられた最もよいものを知ることだ。
マッシュウ・ア−ノルド イギリスの文明批評家

83)いのちいっぱいに
・子供へ。どのような道をどのように歩くともいのちいっぱいに生きればいいぞ。
相田みつを 故禅僧

84)善悪
・人生は本来善でも悪でもない。生き方しだいで善の舞台とも悪の舞台ともなる。
モンテ−ニュ フランスの思想家

☆この60年間の日本の教育は、ひたすら一流校を目指すために小学校時から偏差値本位の教育だった。学校教師の資質で一番大事なことは生徒、学生に本気で教えるという「情熱」だと思う。学ぶ方は、その量の多さではなく、学んだことをきちんと理解して覚え、その知識をベ−スに自分でさらに考え応用していく能力を身につけることである。その上で一流校を目指そう。 編集子 横溝親光

85)野心
・私は毎日、野心に酔って眠り、野心に酔って起きる。
アウグスチヌス ロ−マ帝国の哲学者

86)学習する人間
・いくら学び、知識を身につけても人間は全知全能になることはできないが、学習している人間と無知な人間を比べると、天地の開きがある。
プラトン ギリシャの哲学者

87)嘘
・一つのことが同時に善であったり悪であったり、そのいずれでもなかったりすることがありうるものである。たとえば、音楽は憂鬱な人には善であるが、喪に服している人には悪であり、耳が聞こえない人にとっては善でも悪でもないものである。
スピノ−ザ ユダヤで最高の賢者といわれた哲学者

☆やがてくる国会議員選びにあたっては、その人の資産や政治家の二世、三世かはむしろ無視して、その人の信念、誇り、気骨・意地そして「恥」を知るかを見たい。人が見ていなければ恥じることもするではなく、天知る、地知る、己知るの精神があることを期待する。その代わり報酬については、議員数を今の半数にして、倍の年俸にしてもいいではないか。編集子 横溝親光

88)一冊の本
・読書の時間を大切にしなさい。一冊との出会いがあなたの生き方を変えてくれることだってあります。
ジョセフ・マ−フィ− 精神法則の一人者

89)豊かな人間
・人柄や能力は、子供のころの体験が大事。好奇心や冒険心を育てることが、豊かな人間を作るのだ。
井深 大 ソニ−創業者

90)教育
・教育の目的は、機械を造ることではなくて人間をつくることにある。
J・J・ルソ− フランスの思想家

☆100年に一回という世界不況下に日本の対応はことごとく遅れがち。そうした中で、今度は政治資金規制法違反問題で与野党が大騒ぎする。その真偽は地検特捜部にあずけるとして、どうか当事者個人や党派の利害ではなく、国民のための視点ですべてに対処してほしい。政治家は国民優先の俊敏な対応と説明責任がある。編集子 横溝親光

91)春来る
・冬の寒きを経ざれば、春の暖かきを知らず。
作者不明

92)し残し
・し残したるを、さて打ちおきたるは、面白く生き延るわざなり。
兼好法師「徒然草」

93)人間とは
・弱くて強く、美しくて醜く、柔軟で逞しく、和やかで険しく、神であることとともに悪鬼に変ずるのがわれわれ人間である。
野上弥生子「断片」

☆日本はWBCの第二ラウンド、キュ−バとの初戦に勝利を上げ意気軒昂だ。また、プロゴルファ−の石川選手をはじめ若い人たちが国際舞台で活躍してわたしたちに希望と勇気を与えてくれている。他方、一部の国会議員(与野党の昭和の遺物)は、金融・経済危機の対応は後手後手に、違法献金問題で、誰が何のためにくださったのかを自分は知らないとうそぶいている。Live up.編集子 横溝親光

94)煩悶
・煩悶(はんもん)せざる青年は、人生初期において足らざる所あり。
長谷川如是閑 評論家

95)不幸・不運
・不幸や不運などには実体がない。それは人の心の中にのみ存在する。
ナポレオン・ヒル博士

96)泰か
・君子は泰(やすら)かにして驕らず。小人は驕りて泰かならず。
論語より

☆うれしい送別の言葉−(NIKKEI 1より)
○上司・先輩から 1)一緒に仕事して楽しかった。2)ありがとう。3)職場でなくてはならない存在だった。
○同僚から 1)職場は離れても友達としてずっとつき合ってほしい。
○部下・後輩から 1)ありがとうございました。
余計な言葉より、心のこもった一言の温かみを伝えたい。 編集子 横溝親光  

97)美徳
・美徳を身につけていないのなら、せめてそのふりをせよ。
シェイクスピア 「ハムレット」

98)着眼
・若人の心をみがけ 村が栄える 自己の心を養え 家が治まる 得意をだいじにせよ 店が繁盛する 損をする気で働け ふしぎにもうかる 愛することだけ考えよ 愛されすぎる仕合せをさとる
後藤静香 「権威」

99)進退
・進退これにきわまれり、是非いかにもわきまえがたし。
不詳 「平家物語」

☆今日で08年度が終わり、明日から新年度が始まる。それは別れの季節が過ぎ新しい出会いの季節でもある。人も心も新しい。新たな人と出会い、あたらしい環境に身を置く時、大切なことは、心を純粋できれいにして、人間関係や新しい環境に入れば、うまく溶け込める。
 その時の出会いが人生を根底から変えることがある。よき出逢いを。みつを
編集子 横溝親光

100)ある訓示
・1、親思う心にまさる親心、けふの音ずれ何ときくらん 2、志あるところに道あり 3、天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず 4、一隅を照らす
柏原康夫 京都銀行頭取「支店長心得」

101)感動
・一日10回感動すること。それが長生きの秘訣です。
加藤シズエ 婦人運動家

102)勇者
・ありのままに見、ありのままに行動できる者を勇者と呼ぶ。
エバレット「人生修養」

☆世界中が金融・経済危機でひっくり返っている時、長年大方の人民が飢餓と貧困にあえいでいる国が、長距離弾道ミサイルを発射した。人工衛星とのことだが。
 命もおしい、名もおしい、やせても枯れてもトップの座と金のほしい人は、始末に困るものなり。この者が自国を破滅させる。    編集子 横溝親光

103)人間というもの
・人間というものは、いつ、どうゆう仕事にぶつかるかしれないものである。そのときに、その仕事を責任をもってやれるだけの準備を平生しておくのは大事な心掛けだと考える。それが、いわゆる勉強であり修養である。
河田 重 元日本鋼管社長

104)読書と実行
・本を読んでいて思いついたことは、読み終えた時には実行する。
中谷彰宏 作家・俳優

105)書店の本
・書店の本棚を眺め、自分の改革をおこしてくれそうな本や私に見つけられるのを待っているような本を買うのが楽しみ。
井深 大 ソニ−創業者

☆今、日本は、よきにつけあしきにつけ格差社会といわれる。これは時代によって呼称は違っても格差、序列といったものが社会構成上ありうる。かって小学校の運動会の徒競走で、ゴ−ルに入る時、横並びに手をつないだことがある遊戯にはあっても、そうし社会・組織力学にはない。したがって、自分の好きなこと、やりたいことを持って、今日よりも、明日の自分を磨きいっそう充実した社会人でありたいものです。  編集子 横溝親光

106)大目的
・小さなことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただ一つの道と思う。
野球の神に愛された イチロー

107)天才
・頭のいい人、悪い人という区別がよくなされるが、本当の天才を除いたら、あとはそう大差ないのが人間である。それでいながら、両者をへだててしまうのは、ほとんどの場合、頭の善し悪しではなく集中力の有無である。
多湖 輝 千葉大学教授

108)教養
・教養とは、この世でいままでに語られ、かつ、考えられた最もよいものを知ることだ。
マッシュウ・ア−ノルド イギリスの文明評論家

☆イチロ−の日本最多安打、浅田真央の国別スケ−トで200点女子1位、石川遼の世界的活躍等々、若い人たちの活躍が、この沈滞した社会ム−ドに光明をくれる。それに引き替えお年寄りたちは、郵送料をごまかしたり、食品の産地を偽装する。金儲けが大変でも「教養」や「恥」の文化は持ってほしい。若い人が見ている。  編集子 横溝親光

109)退屈
・うわさをする人は他人のことばかりを話し、退屈な人は自分のことばかりを話し、すばらしい人は相手ことばかりを話す。
リサ・カ−ク 作家

110)じょうぶな心のために
・愚痴を言わない 笑う、笑う、笑う 姿勢を整える
勝間和代 「インディペンデントな生き方実践ガイド」より

111)実り多き仕事や人生
・つねに前向きで、建設的であること。みんなと一緒に仕事をしようと考える協調性を持っていること。明るい思いを抱いていること。肯定的であること。思いやりがあって、優しいこと。真面目で、正直で、謙虚で、努力家であること。利己的ではなく、強欲ではないこと。「足るを知る」心を もっていること。そして、感謝のこころを持っていること。
稲盛和夫 「働き方」より

☆新緑と薫風の中を毎朝ワンチャン二人(マ−ク、リコ)と散歩をする。川沿いにはつつじが咲き誇っている。3月頃から、私達にいろんな草花、雑草が若々しい姿を満喫させてくれる。花に美醜はない。見る人が勝手に、自分の好みや気持ちしだいで好悪を決める。そのことは草木自身にとっては大変迷惑なことであることを思いながら楽しんでいる。 編集子 横溝親光

112)知恵
・知恵は知識にまさる。
パスカル フランスの思想家

113)退屈
・うわさをする人は他人のことばかりを話し、退屈な人は自分のことばかりを話し、すばらしい人は相手のことばかりを話す。
リサ・カ−ク 作家

114)奴隷
・自らを尊しと思わぬものは奴隷なり。
夏目漱石 作家

☆新憲法の62回目の記念日を迎えた。今の国際情勢のなかで日本の立場途憲法の関係を見直し、確認をする必要がある。争点は安全保障、国会(二院制)地方自治、環境権など新たな権利に関して。しかし国会では、変える・変えない・考えると憲法議論が遅々として進まない。われわれ国民がもっと考え、意見を持つ時だ。編集子 横溝親光

115)願いを叶える口癖
・「幸せだなあ」「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない」「豊かだなあ」をいい続けると願いがかなう。
齋藤一人 銀座まるかん創業者

116)過ち
・自分の過ちを認めることほど難しいものはない。事態を解決に導くには、素直に自分の落ち度を認めるのが何よりである。
ベンジャミン・デイズレ−ク イギリスの政治家

117)未来予想
・未来を予想する最も信頼できる方法は、現在を理解するようつとめることだ。
ネイスビッツ 米国企業コンサルタント

☆今月も、入江陵介(19才)が背泳ぎ200メ−トルで日本新記録。高卒3年目のプロ野球巨人軍の坂本勇人(20才)はヒット数は勿論のこと、この5月の10日間で5本塁打の大活躍。毎度のことながら若い人の大活躍は新緑の季節にふさわしい。毎日、選挙・選挙と叫んでいる政界にも一日も早く新芽が出ますよう。編集子 横溝親光

118)知恵と知識
・知識ではなく、知恵を求めよ。知識は過去の産物だが、知恵は未来をもたらす。
ラムビー族の格言

119)知恵とは
・知恵とは、学校で学べるものではなく、一生をかけて身につけるものです。
アルバ−ト・アインシュタイン ドイツの理論物理学者

120)望み
・人生のどんな隅にも、どんなつまらなそうな境遇にも、やっぱり望みはあるのだ。
山本常朝 小説家

☆メキシコに始まった新型の豚インフルエンザの感染が世界的に蔓延。日本でも兵庫、大阪を中心に急激に感染が広がっている。これに対しては政府をはじめ各自治体、医療関係者の方々の対応はすばらしいと思う。それに引き替え昨年からの経済危機にたいしては、定額給付金、高速料金1000円、エコポイント等々思いつきのばらまきをしている。本当は一年、二年先に必ず結果のでる対策をお願いしたい。編集子 横溝親光

121)職業
・つまらぬ職業はない。つまらぬ人々がいるだけだ。
ル・ルード・ランシー

122)人生の成功
・自分らしさを生かして一生情熱を注ぐことができる目標に生きられたなら、それは人生の成功って言えるんじゃないか。
リチャード

123)幸福
・誰もが幸福についてしゃべる。しかし、それを知っている人はほとんどいない。
山本常朝 小説家

☆目標、目的といっても、それが趣味、仕事か金儲けかによって自ら異なる。願わくば、自分らしさを活かして、一生、情熱を燃やすことのできる目標を持ちたい。それには自分をよく知り、これだけは人に譲れないという信念のもとに設定したいものです。 編集子 横溝親光

124)思い通りに
・人は、心の中で密かに考えたとおりの人間になる。
ジェームス・アレン

125)ココロの目
・ココロの目で見なければ物事を正しく見ることはできません。目に見えないことが一番大切なことなのです。
サン・デグジュペリ

126)自分の考え
・考えていたことを上手く言い表せたときに、はじめて、自分が何を考えていたのか本当によく分かる。
英国の格言

☆6月には、あじさい、バラ、ジャスミン、ユリ、ボタン、はなしょうぶ等々が咲き乱れる。政治、経済、医療・生活問題等も花々の季節にあやかり、一日も早く好転するよう願うものです。編集子 横溝親光

127)各人の主張
・むかし景気のよかったものは、復古を主張し、いま景気のよいものは、現状維持を主張し、まだ景気のよくないものは、革新を主張する。
「魯迅評論集」

128)本当の腕前
・自分の腕前を隠す心得があることこそ、大きな腕前である。
ラ・ロシュフコー フランスの思想家

129)家庭の太陽
・美しい笑いは、家の中の太陽である。
サッカレー 英国の小説家

☆サッカー日本代表が先週末、南アフリカW杯への出場を一番のりで決めた。梅雨のようにじめじめした国内の諸環境の中、元気づけになる明るい情報をもたらした。選手諸君自身は勿論、国内全サッカーファンに夢の切符を持ち帰った。編集子 横溝親光

130)永遠の目標
・目標は人間に永遠の命を与える。
オリソン・S・マ−デン

131)思考
・人はいつも思考という道具を用いていくつもの喜びと、いくつもの哀しみを生み出しています。
ゼ−ムス・アレン

132)人間の幸福
・人間がこの世に存在するのは、金持ちになるためではなく、幸福になるためだ。
スタンダール

☆米国の第13回バン・クライバ−ン国際ピアノコンク−ルで日本の辻井伸行(20)さんが優勝した。全盲というハンディをものともせず、日本人初の快挙である。本人は「花火に行っても、心の中で色とりどりの花火が開く。母のおかげで、何でも心の目でみられるようになった。不自由はありません」と。一生興味を持ち続けることのできる“自分らしい目標”をもって生きることができたら、これに勝るカッコイイ生き方はない。編集子 横溝親光

133)ヴィジョン
・大成功するための秘訣だって? それは大きなヴィジョンが持てるかどうかだよ!
ビル・ゲイツ

134)成功
・ごまかして成功するよりも、堂々と失敗する方がよい。
ソフォクレス

135)便利さ
・あまりに多くの便利なものが生産されすぎると役に立たない人間が、多くなりすぎる結果となる。
マルクス

☆この季節、梅雨、あじさい、カタツムリが例年のことながら、自然の美しさ、すばらしさを鑑賞させてくれる。それぞれについて、万人がこれらの情緒を楽しまないとしても。この時期、わが国の党首討論をみていると互いに相手をたたき合っている。格調のある討論で、優れものをたっぷりと提示して、多くの国民に希望を持たせてもらいたいもの。 編集子 横溝親光

136)学び
・学ぶことは、まねること。
勝間和代 朝日新聞より

137)好き事
・好きだから努力する。
増田三男 彫刻家 人間国宝

138)小さな光り
・日の光りをかりて照る大いなる月たらんよりは、自ら光りを放つ小さき燈火(ともしび)たれ。
森 鴎外

☆このメルマガ「学びに王道なし 資格四天王館」を毎週ご購読頂き、また、皆様の名言・名句をご投稿いただき、誠にありがとうございました。 来月からは冒頭案内のように、企画を若干変更し「心に生きる言葉」として挑戦したいと計画しました。これまで同様、ご購読と諸兄姉のたいせつな言葉、見いだし感動した生き方など、どしどしお寄せいただければ幸いです。今度の、このメルマガは、みんなで共にお育てください。 編集子 横溝親光




学問に王道なし
資格四天王館